引っ越し 値段 家賃

引越し時のダブル家賃

引越し 家賃

 

上手に引越ししなければ1ヶ月の間に2箇所分の家賃がかかります。ダブル家賃です。
これは予算に響くので、どうにか回避したいところですね。

 

まず問題なのは、退去の際には何ヶ月前に管理会社に言う必要があるかということです。

 

現物件に入居する際の契約書に「ここを出る時は3カ月前に告知すること」などの記載があるはずです。
3ヶ月前の場合もあれば1ヶ月前の場合もありますので、契約書を確認しましょう。

 

どうして違うかというと物件のオーナーも1ヶ月でも空き部屋になると困るので、時間に余裕を持って次の入居者を探したいからです。

 

もし3ヶ月前に伝える必要がある物件だった場合は、新居が決まってから引越しの告知したのでは契約に間に合いません。
こうなるとダブル家賃が発生する可能性が高いです。

 

ですからまず現住所の管理会社に解約予告をしてから、新居を探し始めるのがオススメです。
「3カ月後にこの部屋を出ます」という予告をしてから、新居を探して月末ギリギリに引越しをするのが理想的です。

 

ただし、優良物件がすぐに見つかった場合は他の人に取られる可能性もあるのでそこは辛いところです。

 

もしくは建設中の新築物件を予約するという方法もあります。
建設中なので手付金を支払えば予約することができますし、家賃は発生しません。

 

また最近は1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件もありますので、そういう物件を狙うという方法もあります。

 

これらはどれもタイミングが大事で、そう上手いこと条件に合う物件が見つからないかもしれませんね。

 

一番現実的な方法は、新居物件の管理会社に相談して初月の家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉しましょう。
大家さんも何ヶ月も物件を空室にしておくのは嫌なので、交渉に応じてくれることもあります。

 

あとついつい忘れがちなのですが、駐車場を借りている人は駐車場の解約予告も行ってくださいね。